FNM-DesignのLogo

新作の名刺入れ完成!

タグ:, ,

Twitterでも呟きましたが、ワタクシ髪の毛切りました!FNM-Designです。みなさまいかがお過ごし?

前回切ったのが、ラインのやり取りを見返したところ9月中旬!今2月中旬ですから・・・5ヶ月!?ほぼ半年もの間ほったらかし(笑)だって、美容院ってなんだか疲れるんですもん。お客さんも美容師もエネルギーが凄いというか、人見知りには厳しい世界で足が遠のきがちでございやす。

んで。どんな感じに切ったのかというと、Twitterでは「サイババからイワトビペンギンみたいになった」と呟きましたが、「ドラゴンボールでいうとミスターサタンから学生時代のご飯になった」ってほうが分かりやすいかな?と思ったけど、そうでもないですね。てかどうでもいいですね。

しかし、9月末には右膝蓋骨を骨折してるので、髪の毛切って出歩いたのって2週間もないんですな。この5ヶ月とは一体何だったのか・・・。


さて。前回はマチ部分の構造が完成して、いよいよ本体と合体させるってところでしたね。では早速縫い・・・ません。毎度恒例糸目を沈める作業にはいります。

革漉き機で革の端を5mm漉きます。

名刺入れ段漉き

革漉き機を使うとめちゃくちゃ早いですが、購入代金は高いので悩みますね。でも今思うと、買ってよかったものの筆頭にきます。まだまだ使いこなせてないので、もっと練習せねば(笑)

んで、この後はこの漉いたところに水分をいれて・・・

名刺入れ水分入れ

表側から押します。そうすると裏側漉いた分、表面から段差ができます。

名刺入れ糸目

段差できてるでしょ?って分かりづらいか。

これをやると、革より劣化しやすい糸が使っているうちに擦れていくのを、少しでも抑制できるのでFNM-Designでは大体やってます。

これが終わったらいよいよ縫い?って思いますが、まだまだ。まだ縫い始めません!

名刺入れ段差

こうやってみると結構裁断面はガタガタですね。これを整えていきます(通称:コバ磨き)。とは言っても、この段階で全部整える訳ではなく、縫いつけた後では磨けない磨きにくい場所を整えていきます。

名刺入れヤスリ

荒れ具合など時と場合によりけりですが、ワタクシの場合は少しずつ240番あたりからはじめて、400、800と徐々に細かい粒度の紙ヤスリで整えていきます。このあたりまでくると革の端にバリが出てきます。バリってなんて説明すれば良いんだろ。返り?

名刺入れバリ

すごいピンぼけ写真ですが、なぜかこれが一番バリが分かりやすいので使います(笑)この革の右側に影ができてるでしょ?これがバリ。ヤスリで削っていくとこれができますので、革包丁で削いでいきます。もちろん五助屋レザーさんあたりでこの作業用の道具(ヘリ落とし)を売っていますが、革包丁でもできるのでワタクシは革包丁でやってます。

それが終わったら今度は水分を入れて1200番あたりの紙ヤスリで磨きます。写真は忘れた!
これをやるとピカピカに光っていきます。場合によっては磨き足りなくて400番あたりでまた削り直したり、トコノールを使って艶を出す場合もございます。作りたい製品によりコバの磨き方は変えていきましょう。

てな工程を経て、いよいよ縫いつけます!やっとか(笑)

名刺入れ合体

縫う前に貼付けて乾くまで放置します。ゴムのり系だと乾くまで放置してから貼付けるんですが、ワタクシは「サイビノール」という水性系の接着剤なので、貼付けてから放置です。

ちなみに縫う糸は「ビニモMBT」という糸。

名刺入れビニモ

この糸はナイロン製の縫い糸。何が良いって縫い終わった後、ライターであぶれば留まるので処理が簡単。ちなみにこれは左から右に5番8番20番と段々細くなっていきます。

以前はあらかじめロウを塗り付けてあるビニモを買ったのですが、個人的にべたべたして気持ち悪かったので止めました。

名刺入れ縫い目

そしてこんな感じで縫い進めました。表も裏も斜めのステッチになるようにしてます。これがなかなかに大変(笑)でもやる。その方が良いと思うから。ワタクシが。

なにがどう難しいか、これがどういう効果を生み出すのかなど。その辺も後々書いてみようかな?と思ってはおりますが、いつになるやら。

全体を縫い終わったら、さっきもやったコバ磨きをしていきます。

てな感じで、こうやって写真や文章で書いていくと長い工程を経て、新作の名刺入れが完成しました!

新作名刺入れ

縦型で捨てマチ形式の名刺入れ。堂々完成!商品詳細はコチラ『縦型で捨てマチ形式の名刺入れ』をご参照あそばせ。

てな感じで。今回はココまで!
ではまた会おう。ハッハッh・・・

<本日のBGMの中から一曲>
大槻ケンヂ 青春の蹉跌のテーマPart3
「〽︎ヘマをしても大丈夫 笑ってやるから俺が やれ やったらいいよ♪」


ご質問などありましたらお気軽にコメント書き込んでください!


最近書いた雑記帳

  • 大槻ケンヂ『いつか春の日のどっかの町へ』

    2017年03月09日 (木)

    大槻ケンヂ『いつか春の日のどっかの町へ』

    大槻ケンヂが書いた『いつか春の日のどっかの町へ』を読んだ感想を、読了したテンションのまま書き散らかしてしまった。読み返すと随分と恥ずかしい内容になってしまったのだが、まあいいか(笑)この本を読む前に是非とも『リンダリンダラバーソール』を読んでいただくとより楽しめるかと。別に読んでなくても楽しめるけどね!

    戯れ言本の紹介
  • 馬蹄型コインケース背面

    2017年03月05日 (日)

    馬蹄型コインケースの試作!

    『ハンドメイド作家のための、いちばん丁寧な情報サイト』さん中で、五助屋さんが書いた『馬蹄型コインケースを作ってみよう』を基に、これまで敬遠していた【馬蹄型コインケース】を作ってみた!やっぱり見るのと作るのでは大違い。馬蹄型コインケースを作れたら一人前と言われる所以が分かったような気がする。

    試作革
  • 2017.03買った本

    2017年03月03日 (金)

    最近買った本を紹介してみようのコーナー発足

    ブログ更新したいけど特に書くこともない時に、突発的に発動するコーナーを立ち上げようかと思う今日この頃。さりとて何にしたら良いのやら?とあたりを見回したところ、発見したるは本の山!よしきた。本を紹介しちゃるけぇ。てなもんで『最近買った本を紹介してみよう』のコーナー発足です!

    本の紹介
  • 名刺入れ比較

    2017年02月27日 (月)

    駒縫いマチの名刺入れ試作!

    馬蹄型コインケースを作るべく、前作の『捨てマチ形式の名刺入れ』を使って、駒縫いの練習をしようと思います。駒縫いマチとはマチが立つ?より箱形になるようなマチになります。馬蹄型コインケースを作れて一人前の格言よろしく、一人前になれるよう練習あるのみ!

    試作革
  • 名刺入れ穴開け

    2017年02月19日 (日)

    新作の名刺入れ製作開始!マチの構造

    前回の名刺製作構想練り編の続き。今回はマチ製作です。マチにはイロイロな種類がありますね。オーソドックスな笹マチから通しマチ、変わり種にはウエットフォーミングや駒縫いなど。今回は名刺入れを製作するので・・・どんなマチにしようかな(笑)

    製作過程革