FNM-DesignのLogo

縦型で捨てマチ形式の名刺入れ

タグ:,

新作の名刺入れが完成しました。タイトルで全て言い切っちゃってますが、詳細を画像付きで説明していきたいと思いますので、よろしくお付き合い願います。

まずは外装から。

名刺入れ外装

装飾の類いは一切ない、極めてシンプルな縦型です。

とは言っても、この状態じゃ開く方向が縦か横か分からないですね。

名刺入れサイド

横から見た図。これだと縦に開くっていうのが分かりやすいかな?

さてさて。なんか少し見慣れないマチの形しておりますね。これが今回名刺入れを作るにあたり、大変こだわったマチの構造となってます。それは一体どんな構造なのか?と問うならば・・・

名刺入れ捨てマチ

こんな構造。いわゆる『捨てマチ』という構造です。

斜めから見ると・・・

名刺入れ捨てマチ(斜め)

こんな感じ。マチの折り目が外向いていますね。

マチの折り目が外側を向くように、通常のマチ部品以外に革を要するので『捨てマチ』と言うそうな。革細工でしか使わない技法なのだろうか?検索してみてもレザー関連のページしかヒットしませんでした。まぁ2〜3ページしか見てないので定かではないですが(笑)

いやぁ〜これがやりたかった!痛みやすい紙でできた名刺を入れるケースになりますので、どうしてもマチの折り目を外に向けたかったんです。どういうことかというとですね・・・

名刺入れ笹マチ

これは以前どこかで買って使っていた名刺入れです。マチの折り目が内側向いていますね。この名刺入れは柔らかい素材でできているので、名刺が痛むことはそうそうありません。

が、FNM-Designで使用するのは張りのあるヌメ革。やはり痛みやすさは増加するのでは?といった懸念がありましたので、どうしてもマチの折り目を外側に向けたかったのです。

名刺入れ内側

ちなみに同じ枚数を入れてみた感じ。
ふむ。やはりコッチの方が、名刺にとっては痛みも少なく良さそうですよね。

名刺入れ内部

さっきからチラチラと見えてましたが、内側の様子。

上部には窓を付けているので、写真を入れるも良し。自分の名刺入れて「こういう者です」ってやるも良し。
下部には捨てマチ構造のメイン収納部とサブポケット。手元に大量の名刺がないので何とも言えませんが、ざっくり50枚くらいは入るかな?と思います。

名刺入れ使ってみた感じ

各ポケットに入れてみましたの図。
結構気の利いた写真がなかったのでファイテン会員証で(笑)ボウリング場時代からお世話になってます。

さて。ここからは使い勝手に一切関係ないけど、作者こだわりのポイント紹介。別に書く必要もないんだけど、知って欲しいという二律背反をぶった切って書きます。

名刺入れ縫い目表面

それは縫い目。装飾の類いが一切ないシンプルなデザインだからこそ、唯一の装飾となりうる縫い目。ステッチ!うざいですね(笑)まぁ聞いてやっておくんなまし。

FNM-Designでは、表面も裏面も斜めのステッチになるよう縫っております。

名刺入れ縫い目内側

ね。なってるでしょ?って分かりにくいかな・・・。

どうしてそんなことをしているのか?と言うとですね、斜めの縫い目って手縫いっぽさが出ると思うのですよ。したらば表面だけ斜めにすればいいじゃない?って思いますよね。教則本とか読むと、表は斜めで裏はまっすぐになるように縫うと書いてありますし。

まぁそれでも良いんですけどね。以前はそうやってましたし。

でもですよ。使っていただくお客様には表も裏も関係なくない?と思い至ったのです。そう思っちゃったらやらざるを得ない性分。メンドクサイ性分ですね(笑)という訳でFNM-Designの製品は大概が表面も裏面も斜めのステッチとなっているのです。

と書きましたが、別にどうでもいいですね。と言うより知らなくても良いです。でもちょっと知って欲しいのです(笑)

てな感じで。新作の【縦型で捨てマチ形式の名刺入れ】完成しました!

新作名刺入れ

お気に召していただけましたら、お気軽にお問い合わせください。
もちろん、上部に窓いらない!とか、表にバスケットスタンプ押して欲しい!とかご要望がある場合も同様です。でも、捨てマチじゃなくて笹マチが良いんだけど・・・っていう要望だけは聞きません(笑)

商品詳細

ご注文やご依頼、商品に関するご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※革製品は天然皮革ならではの特徴や、ヌメ革加工時に生じる症状などがあります。商品の製造時や配送時についたと思われる傷以外での返品・返金はいたしかねます。


ご質問などありましたらお気軽にコメント書き込んでください!


これまでのお仕事