FNM-DesignのLogo

新作の名刺入れ製作開始!マチの構造

タグ:,

さて。本来はここに戯れ言を書き綴っておりますが、本編が写真が多く、ちょっと長くなりそうなので省略!


新作の名刺入れ製作ですが、前回は構想を練ったところで終わりましたので、今回はその続きとなります。

構想を練って一日置いたところ、狙い取り「ピコン♪」と脳内に来たものがあったので、今回はそれを採用しつつ型紙製作へ参りましょう。

名刺入れ型紙製作

はい。いたって普通の型紙製作なので、工程はバッサリとカット。型紙を切るだけにカットてk・・・

その後は革を取り出して、革の裁断に参りましょう。

名刺入れけがき

型紙を革の上に置いて、先の尖った鉄筆でトレースしたのち粗断ちします。

ちなみに、今回はマチの部分をクローズアップしようと思います。なぜなら「ピコン♪」と来たのがマチの部分だから。

名刺入れ裁断

切り出しましたが、なんだか枚数多くないですか?普通のマチなら2枚切り出せば事足りるはずですが、何やら今回は多いですね。まぁその理由は後ほどにしましょう。

ちなみにワタクシ右利きですので、左からの光が足りないと暗くて切りにくいです。なので・・・

名刺入れ裁断様子

こうしてます。なんて原始的(笑)いやiPhone使ってるから先進的ともいえなくもない。

本当なら左側にライトでも置けば良いのですが、配置的に置けないんですよね。でもこれがあるのとないのでは、けがいたラインの見え方に雲泥の差がでるので、こういった仕様になっちゃうのです。

名刺入れ床磨き

荒断ちの後、裏側(革の場合は床面といいます)を磨きます。キッチリ切った後でこの作業をすると、ちょっとだけですが革が伸びるので、計算した型紙より大きくなっちゃいます。ですのでこの段階、もしくは荒断ち前にやっておきましょい。

名刺入れ穴開け

等間隔に印をつけられる道具と、菱形に穴を開けられる道具を使って、今回は5mm間隔で穴を開けていきます。いつもは3mm間隔で開けることが多いのですが、縫い目をはっきり目立たせたいので、今回は5mm。

名刺入れ貼付け

穴開けたら革を貼付けます。穴を開けた後に貼付ける?となるでしょうが、今回は銀面同士を貼付けるのでこういった順序になりました。床面から穴開けるの苦手なんですよね・・・。

名刺入れ縫い作業

という訳で、サクサクと縫い進めていったら・・・

名刺入れ捨てマチ

マチ部分の完成です!どうです?あんまり見ない形してるでしょう?

このマチの構造は『捨てマチ』といいます。この『捨てマチ』とう構造の利点といえば、まぁワタクシ個人の見解ですが、マチの折りが外向いていることでしょうか。

どういうことかというと・・・

笹マチ

これはよく見るマチの構造のひとつで『笹マチ』といいます。これ折り部分が内側向いてますよね?これは小銭入れ部分に利用しているので別にこれで良いんですが・・・

今回は作るのは名刺入れ。中に入るのが名刺なので、折り部分が内側向いていると大切な名刺が折れ曲がる可能性が高くなりますよね。つーことで今回はオーソドックスな『笹マチ』ではなく、折りが外側を向く『捨てマチ』形式を採用した次第です。

それにあまり見ないんですよ。名刺入れに『捨てマチ』構造を採用しているものって。だから前回悩んでいた個性を出すっていうのにも一役買ってくれるかな?という魂胆もあります。まぁ見つけてないだけってのも多分にあると思いますが(笑)

パーツや縫う部分が多くなるなど手間は増えるので、大変っちゃ大変ですが、完成した時にはこれで良かったんだ。と思えるような仕上がりになるよう、手間を惜しまず製作していきたいので、今後ともおつき合いいただければと思います。

つーこって、本日はここまで。
それでは次回。「本体と合体?」でお会いしましょう。

では諸君。また会おう!ハッハッハ。

<本日のBGMの中から一曲>
聖飢魔Ⅱ 地獄の皇太子
「〽︎豚の胃で作られた子宮の中に 悪魔の国の皇子が宿る♪」


ご質問などありましたらお気軽にコメント書き込んでください!


最近書いた雑記帳

  • 馬蹄型コインケース背面

    2017年03月05日 (日)

    馬蹄型コインケースの試作!

    『ハンドメイド作家のための、いちばん丁寧な情報サイト』さん中で、五助屋さんが書いた『馬蹄型コインケースを作ってみよう』を基に、これまで敬遠していた【馬蹄型コインケース】を作ってみた!やっぱり見るのと作るのでは大違い。馬蹄型コインケースを作れたら一人前と言われる所以が分かったような気がする。

    試作革
  • 名刺入れ比較

    2017年02月27日 (月)

    駒縫いマチの名刺入れ試作!

    馬蹄型コインケースを作るべく、前作の『捨てマチ形式の名刺入れ』を使って、駒縫いの練習をしようと思います。駒縫いマチとはマチが立つ?より箱形になるようなマチになります。馬蹄型コインケースを作れて一人前の格言よろしく、一人前になれるよう練習あるのみ!

    試作革
  • 新作名刺入れ

    2017年02月21日 (火)

    新作の名刺入れ完成!

    前回マチの構造が完成したところの続きです。いよいよマチと本体を合体すると思いきや、まだまだ甘い。縫う前にFNM-Designでは糸目を沈めるために、とある工夫を施してから縫います。その他にも色々な工程を経て、今回新作の名刺入れが完成しました!

    完成報告製作過程革
  • カードケースネタ帳

    2017年02月18日 (土)

    新作の名刺入れ製作開始!構想練り

    新しく依頼された名刺入れの構想を練ります。ショッピングセンターやネット上をウロウロしたりして、こんな形面白そうとかこういう方が使いやすいとか、自分の中でイメージを固めていきます。その後、スケッチブックに描きだしたりしつつ、自分の個性を出せるようなデザインに仕上げていきましょう。

    製作過程革
  • 筆箱ファスナー縫いつけ

    2017年02月15日 (水)

    筆箱製作の様子をご紹介 〜後半〜

    革を裁断するところで終わった、筆箱製作の様子をご紹介の後半。裁断したんだからお次は縫いでしょ?っとなるところですが、そう一筋縄ではいかない。製品を長く使っていただくための一手間を加えます。それが終わったら縫って磨いて・・・って感じで進めていきます。筆箱製作の様子をご紹介ここに完結。

    製作過程革