FNM-DesignのLogo

駒縫いマチの名刺入れ試作!

タグ:,

いよいよ今年も!Jリーグが開幕しましたね。さっそくJ2リーグ開幕戦、横浜FC 対 松本山雅を観戦してきたFNM-Designです。みなさまいかがお過ごし?

横浜FCと言えばやっぱり「カズ!三浦カズ」ですよ。「カズ!三浦カズ」って書くとなんだか嫌な記憶が蘇りますが・・・なんだかこの言い回しが好きでして、なんだかんだカズを呼ぶ時に使ってしまいます(笑)

そのカズはなんと、今年の開幕日が50歳の誕生日!ケガの影響もあり出場しても後半からかなぁ?なんて思っていたら、なんとスタメン出場されましたね!得点はなりませんでしたが、チーム自体は勝利して誕生日に華を飾りました。流石!!

50歳で今でもスタメンを勝ち取れるんだから、凄いものですよね。あの仕事に対する取り組み方は、ワタクシも見習っていきたい所存。是非とも今年もゴールを決めて、自身の持つ最年長ゴールの記録を更新して欲しいものです。そしてあのキレキレのカズダンスも!

それにしてもサッカー専用スタジアムは良い!選手との距離が近くて、どこに座っても臨場感たっぷりでした。今年は野球もサッカーもたくさん観に行きたいなあ。


さてさて。みなさまはコチラのサイトをご存知ですか?

ハンドメイド作家のための、一番丁寧な情報サイト。
その名を裏切ることのない、製作工程を親切丁寧に記載されております。さらに特筆すべきは執筆陣が凄まじい!是非一度ご覧いただきたいサイトです。

んで、その中に五助屋さんがこんな記事を書いてまして・・・

馬蹄型コインケースを作ってみよう!・・・作りてぇ!!ってなったんですよ(笑)文中にも書いてありますが、なんか「馬蹄型コインケース作れて一人前」なんて言われてまして、いつかは作りたいな。でも難しいんでしょう?って敬遠してたんですよ。知人から頼まれても断ったくらいに。

だもんで。今回のこの記事は、ワタクシにとって待望の待ちに待った記事なのです。

ですが、記事を読む前にある程度予習はしておいた方が、より理解も深まるし質問もしやすかろうということで、昔に試した駒縫いの技術を思い出すべく、前回製作した『捨てマチ形式の名刺入れ』を、駒縫いマチ形式で製作してみようと思います。

そもそも「駒縫い」とは何ぞや?って感じですが、「駒縫い」とはマチ部分を立てると言えばいいのか・・・より箱形になる縫い方です。

まぁなんやかんや書くよりも、実際に写真で見てもらった方が早くて分かりやすいかとますので、ちゃっちゃっと進めていきませう。駒縫いマチにはある程度厚みが必要なので、今回は3mmの革を2枚貼り合わせ計6mmの厚さのマチにします。

駒縫いマチ

こんな感じ。ちなみに画像後ろに『サイビノール100』が映り込んでいますが、この部分はしっかり貼り合わせた方が良いので、より接着力の強い『サイビノール600』の方で貼り合わせております。

しかもこれ手順間違えてまして・・・最初に一枚だけ菱キリで穴を開けておいた方が楽ですね。まぁ後から貫通しないよう半分くらい穴開けても出来なくはない、というか出来たんで大丈夫だとは思いますが、より綺麗に製作できると思いますので、あらかじめ開けておいた方が無難かも?

ほいで、これをマチとして貼付けます。その後、あらかじめ穴を開けといた穴を、ひとつひとつ貫通させていきます。どういうことかというと・・・

駒縫い説明図

こう!分かりづらいですね。ようはいつもなら表と裏に縫い穴がくるのですが、駒縫いは斜め(上下?)に縫い穴がきます。
これが難しい!なんか基本は45度に開けていくとか書かれてますが、設計時の都合上どうしても鋭角に開けなければならない場合があって、そうするとマチの表面(革では銀面)がデコボコしちゃうんです。ここをどうにかしないと綺麗にいかないので、修行あるのみです!

てな行程を経て、他は前回の名刺入れと同じようなことなのでカット!いきなり完成です。

名刺入れ比較

上が前回の捨てマチ形式、下が今回の駒縫いマチ形式の名刺入れ。こうやってみるとマチの形状で、だいぶ雰囲気が変わるもんですね!

駒縫いマチアップ

駒縫いマチを横から見た図。これも手順間違えててですね、マチと本体パーツを貼り合わせる前に本体パーツの切れ端(革ではコバ)を磨いておく必要があります。ご覧のとおり、貼り合わせた後には磨けないです。

駒縫い名刺入れ内部

内側はこんな感じになります。捨てマチと同様、マチの折り目で名刺が痛む可能性が少なくなりますね。というか駒縫いマチには折り目無いしね(笑)最初にも書いたとおり、より箱っぽい形状になります。タバコケースとかにも使えるかな?

てな感じで、駒縫いマチの名刺入れ完成!!今回の目的は五助屋さんの馬蹄型コインケースを作るための練習みたいなものなので、出来映えはあまり重要視しておりませんが、イマイチの出来になりました。もう少し上手く出来るとおもってたのになぁ。という訳で、製品として販売はいたしません。もう少し上達したら販売したいな。

とは言え、五助屋さんの馬蹄型コインケース記事を読むのには、ちょうど良い予習となったかな。

という訳で、今回はこの辺でサイナラ。
ワタクシ早速、コインケース記事を読んで型紙作ってきまーす!

<本日のBGMより一曲>
聖飢魔Ⅱ 野獣
「〽︎闇を切り裂く悪しき悲鳴 遠く押し寄せる狂気の雄叫び♪」


駒縫いマチの名刺入れ試作!」に1件のコメント

  1. 当サイトの引用モデレート、ありがとうございまっすん!

ご質問などありましたらお気軽にコメント書き込んでください!


最近書いた雑記帳

  • 馬蹄型コインケース背面

    2017年03月05日 (日)

    馬蹄型コインケースの試作!

    『ハンドメイド作家のための、いちばん丁寧な情報サイト』さん中で、五助屋さんが書いた『馬蹄型コインケースを作ってみよう』を基に、これまで敬遠していた【馬蹄型コインケース】を作ってみた!やっぱり見るのと作るのでは大違い。馬蹄型コインケースを作れたら一人前と言われる所以が分かったような気がする。

    試作革
  • 新作名刺入れ

    2017年02月21日 (火)

    新作の名刺入れ完成!

    前回マチの構造が完成したところの続きです。いよいよマチと本体を合体すると思いきや、まだまだ甘い。縫う前にFNM-Designでは糸目を沈めるために、とある工夫を施してから縫います。その他にも色々な工程を経て、今回新作の名刺入れが完成しました!

    完成報告製作過程革
  • 名刺入れ穴開け

    2017年02月19日 (日)

    新作の名刺入れ製作開始!マチの構造

    前回の名刺製作構想練り編の続き。今回はマチ製作です。マチにはイロイロな種類がありますね。オーソドックスな笹マチから通しマチ、変わり種にはウエットフォーミングや駒縫いなど。今回は名刺入れを製作するので・・・どんなマチにしようかな(笑)

    製作過程革
  • カードケースネタ帳

    2017年02月18日 (土)

    新作の名刺入れ製作開始!構想練り

    新しく依頼された名刺入れの構想を練ります。ショッピングセンターやネット上をウロウロしたりして、こんな形面白そうとかこういう方が使いやすいとか、自分の中でイメージを固めていきます。その後、スケッチブックに描きだしたりしつつ、自分の個性を出せるようなデザインに仕上げていきましょう。

    製作過程革
  • 筆箱ファスナー縫いつけ

    2017年02月15日 (水)

    筆箱製作の様子をご紹介 〜後半〜

    革を裁断するところで終わった、筆箱製作の様子をご紹介の後半。裁断したんだからお次は縫いでしょ?っとなるところですが、そう一筋縄ではいかない。製品を長く使っていただくための一手間を加えます。それが終わったら縫って磨いて・・・って感じで進めていきます。筆箱製作の様子をご紹介ここに完結。

    製作過程革